新車購入の際の車の下取り金額について

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

主人が乗っていた車で、社会人になって初めて自分のお金で買った車が三菱の「ランサーセディアワゴン」でした。

10年ほど乗り、子供が2人目生まれることもあり新車で購入をすることにしました。まずはネットで下取りでいくらくらいか数社査定をしてみることに。返ってきた内容はどこも査定0円。

その金額に一番ショックを受けていたのは主人でした。

次に少し期待をして何社か近所のディーラーへ行くことにしました。購入を検討している車の見積もりと下取り査定も含めてお願いをしたところ、どこも下取りは値段がつけれない。ひどいところでは処分するのに逆にお金をもらわなければならないとまで話をされ悲しいを通り越して、主人はまだまだ現役の車の扱いに不機嫌に。そこでは車は買わない!と白紙に戻る事までになったりと大変でした。

結局は実家に帰った際に、試しにと寄ったディーラーと契約をし新車を購入することになったのですが、そこが一番最初に出した車の下取り金額は「12万円」と言う嬉しい金額でした。

そのほかにも値引きの金額なども含め納得する形でハンコを押し、この下取りした車はどうなるのか聞いたところすぐにまた売りに出されるようでした。納車の際には、すぐに買い手がつき新しい方が乗ってますよ!と嬉しい言葉までも・・・。

主人にとって思い入れがある車が一番よい形で引き継がれ本当に良かったです。